産後の抜け毛に悩んだ私が使用した育毛剤

一人目を出産後、「産後の抜け毛」を経験しました。
始まりは、旦那さんから「家のいたるところに髪の毛が落ちている」と言われたことです。
初めての育児ということもあり、毎日が精いっぱいで自分で気づく余裕がありませんでした。
言われてみると、シャンプーをした時や、髪を乾かした時に抜け毛がたくさんあることがわかりました。
最初のうちは、そのうちおさまるだろうと気にしていなかったのですが、産後3か月ほどたっても相変わらず抜け毛が増えるばかりです。
よく見ると、髪の毛の全体的な量も以前より、ボリュームがなくなり少なくなってきた気もします。
調べてみると、産後の抜け毛の原因は、女性ホルモンの変化が大きく関与しているそうです。
女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二つがあり、通常はバランスを保っていますが、妊娠中には黄体ホルモンの働きが多くなります。
しかし、産後は、妊娠中に増加していた黄体ホルモンが急激に減ることや、子宮も収縮を繰り返し、妊娠前のもとの状態に戻そうと体内でめまぐるしい変化が起こります。
そして、ここで妊娠中に、黄体ホルモンの働きによって脱毛していなかった毛が一気に抜け落ちてしまうのです。
黄体ホルモンには、髪の毛の生え変わりを維持し続ける役割もあります。
確かに、妊娠中はあまり髪の毛が抜けませんでした。
また、赤ちゃんのお世話中心の生活になることで、睡眠不足や過労、ストレスなども追い打ちをかけてしまうみたいです。
母乳などで、栄養を取られてしまう事も原因だそうです。
基本的には、女性ホルモンの乱れがおさまると症状も緩和に至るという事でしたが、私の場合、抜け毛の量も多かったので、このまま薄毛になるのではと心配になり、育毛剤の利用を検討しました。
男性専用のものは、含まれている成分が違うため、女性専用の育毛剤を探し事にしました。
ここで、一番大切なのは、授乳していた為、赤ちゃんに影響のないものを選択する必要がありました。
たとえ、頭皮に使用するものであっても、慎重にならなければいけません。
結果、このようなことに考慮して私が選んだ育毛剤は、赤ちゃんにも優しい安全な無添加の育毛剤です。
パッケージもかわいいので、洗面台においても違和感がありません。
パッと見た感じで、育毛剤とわからないのもよいです。
センブリやグリチルリチン酸、ジカリウムなど3種類の有効成分にプラスして、米ぬかエキスや8種類の植物エキスまで配合されています。
無添加のものなので、毎日、使用していても安心感がありました。
香りもいい匂いなので、頭皮に吹きかける事でリラックスした気分になります。
毎日、洗髪後に、ドライヤーで乾かす前に、頭皮になじませ、軽くマッサージをしながら使用していました。
マッサージをすることで、頭皮に薬剤が浸透しやすくなったり、血行も促進すると思ったからです。
5分ほどのマッサージですが、終わると頭全体がポカポカしてきます。
この時、気づいたのですが、頭皮をマッサージすると、赤ちゃんを抱っこしたりして悪化した肩こりの症状も緩和してきました。
さらに、この育毛剤には、メリロートや黄金エキスの配合で、より効果が期待できるのです。
使い続けていると、明らかに抜け毛が減ってきました。
以前は、不意に髪に触れた際にも抜けていましたがそれもなくなりました。
何より、髪の毛のボリュームが戻ってきたことがうれしかったです。
ボリュームがなくペタンとしていたのが、ボリュームがアップしたことでヘアスタイルが決まるようになりました。
抜けるのが怖くて敬遠していた、髪のカラーリングにも挑戦できました。
髪の毛は女性にとって大切なものなので、薄毛などの悩みがあると心も落ち込みます。
ですから早めのケアが大事だと感じました。

乳首 黒ずみ



メニュー